クラミジアの症状とクラミジア検査方法と再発予防

日本で一番感染者数の多い性病が、クラミジアです。100万人以上が感染していると言われています。どんな症状がある場合に、クラミジア検査を必要としているか、また再発の可能性はあるのか説明します。
クラミジアは、感染しても、男女ともに症状が出ない場合が多いです。そして感染をほっておくと、女性の場合は、おりものが多くなる、下腹部に痛みを感じる、不正出血がでる、性交時に痛みを感じるという症状が出てきます。男性は、排尿痛や尿道からの分泌物がでます。それでも、気付かないケースが多いです。
クラミジアは、症状が分かりにくいものなので、少しでも該当する症状の違和感があれば、積極的に検査を受けることがよいでしょう。病院での一般的な検査方法は、いくつかあります。血液検査によるもの、のどの粘膜を検査するもの、女性限定のおりものの検査によるもの、そして男性限定の尿検査があります。また、病院には恥ずかしくて行きにくいという人の為に、市販の検査キットが販売されています。
グルジアは、一度完治すると再発はしません。しかし、いくつかの理由で、再発するケースがあります。1つの理由としては、夫婦やカップルが、どちらかが検査を受けずにいて感染していると、片方が完治しても、また性交渉により再発していまいます。このような場合は、必ず2人が検査しなければなりません。複数の人と性交渉する人も、再発する可能性があります。また、女性の場合、クラミジア菌が進行すると、子宮頸管や卵巣まで、さらには骨盤にまで感染していることがあります。そうすると、治ったと思っても、実は完治していなかったこともあります。
クラミジアは、きちんと治療すれば、完治する率が高い性病です。早く完治するためにも、症状が重くなる前に検査し、しっかりと治療することが大切です。また、日頃の性交渉にも、モラルが求められます。

上へ戻る