トイレから感染、入院を免れるためのクラミジア検査

性交渉は恋人との愛を確かめ合う大切な時間でもあります。欲望の処理だけでなく、本当に相手のことと自分を思う気持ちがあるのであれば、性病に対して細心の注意を払うべきで、また、検査も恥ずかしがらずに行うべきです。とくにクラミジアは初期症状が少なく、自覚のない内に複数の人と性関係を持つと、気づかない内にたくさんの人に迷惑をかけてしまうことになります。とくにクラミジアは性別を選ばず感染するもので、別の女性から移された男性が、また別の女性に移してしまうという場合も考えられます。女性の場合は婦人科でクラミジア検査ができます。方法は、採血と膣内分泌液を採取して行われます。検査結果は比較的早く出ます。効果的な薬も市販されていますので、それを処方されたとおりに飲めば、初期段階ならば一週間ほどで完治できます。クラミジアは性病の中でも最も患者数が多く、また、放置していても稀に自然治癒することがあるため、多くの人はあまり重要視していません。しかし、クラミジア単体であればそれほど怖くはありませんが、恐ろしいのが合併症を引き起こす恐れがあることなのです。クラミジアを放置していたために女性がかかってしまう病気としては、卵管炎などを起こし、それが後の不妊症や子宮外妊娠などにつながってしまいます。子宮外妊娠の苦しみは想像を絶するだけでなく、手術によってはもう二度と子供を産めない身体になるかもしれません。その場合は入院も必要で多額の医療費がかかります。また、クラミジアの感染の原因は性交渉だけではないとも言われています。何らかの形で体液が付着しているトイレなどからも、感染する恐れがありますので、身体に異常を感じたときは、すぐに病院へ行きましょう。

上へ戻る